Tシャツにイノベーションを|Goodluck by T Goodluck by Tでは、デザインTシャツの販売代行を通して、デザイナーやクリエイターが制作に集中できる様な環境を提供しております。デザインしたTシャツ1枚につき1000円のデザイン料と販売金1000円の応援金が支払われます。デザイナーは集客と併せて自身の活動を商品ページで共有する事で広く応援を募る事ができます。

「問題提起」のアートと「問題解決」のデザイン|その違いを解説

ベルリンのキスの壁の前のペイントされたクラッシックカー

 

創出する目的で考えるアートとデザインの違い

この記事を読むための時間:3分

アートとデザインの違いを知っていますか?どちらも何かを作り出すこと…と考えると、同じようにも思えますが、実はその目的や役割、考え方には大きな違いがあるんです。ここでは、その違いを掘り下げてみたいと思います。

アートの役割

アートは、見る人によって感じ方が大きく違います。想像力を駆使して、描かれたシチュエーションや意図、アーティストのことまで、見る人が自由に思いを巡らすことのできるのがアート。アーティストは、見る人のことなど考えることなく思いのままに製作し、その解釈は見る人に委ねるのです。アートは作り出すこと自体が目的で、それ以上のものはありません。

デザインの役割

デザインは、ある目的のもとに製作すること。依頼する人や製作するデザイナーが、デザインの意図をまとわせて表現するため、見る人は、その意図を受け取る形になります。アートと比較すると、デザインは商業寄りとも言えるでしょう。デザインを作り出すこと自体は手段に過ぎず、そのデザインの意図が最終の目的なのです。

アーティストとデザイナーの違い

アーティストは、自己表現をする人。作品によって得られる利益などよりも、自分の中にあるものを表現することに専念します。たとえ見る人が理解できないような作品でも構いません。その一方、デザイナーは、主に誰かから依頼されたものを目的に沿って製作する人。見る人が意図された目的を見いだせないようなものは作りません。

 

アーティストが作る時計は動かなくても問題ありませんが、デザイナーが作る時計は時間がわからなければデザイナー失格です。アーティストは作品に感情をぶつけられますが、デザイナーは感情をぶつけると仕事を失うことにもなり兼ねません。

アート思考とデザイン思考の違い

先に述べた、アーティストとデザイナーの違いと同様に、思考にも大きな違いがあります。

 

アート思考は、見る人に何らかの「問題提起」をするものです。しかしその問題の答えは一つではありません。どちらかと言えば、大事なのは問題や答えなどではなく、考える機会を与えるということにフォーカスされています。反して、デザイン思考の目的は「問題解決」です。依頼者の意図に沿う必要があるため、アート思考と違って、答えは一つです。

アート思考は「直感的」、デザイン思考は「ロジカル」

アート思考は、アーティストが作品を創出する過程における考え方のこと。わかりやすく言えば「第六感」のような、理屈や筋道を省いた「直感的」な考え方。反してデザイン思考は、複雑に見えることでも整理をして、筋道や裏付けを大事にする「ロジカル(倫理的)」な考え方のことです。

 

一般的に、ビジネスシーンや人に何かを教える場合は、ロジカルな思考が求められるものの、実際には、すべての事柄を倫理的に処理するということは不可能であるため、直感的思考を、わかりやすく相手に伝えるということが必要なのかもしれません。

まとめ

アートとデザインは似ていますが、突き詰めていけばまったく違うもののようにも見えます。アーティストは直感的に自分の好きなものを作ることができ、それによって問題を提起する。そしてデザイナーは依頼者の問題を解決するために、ロジカルに道筋を立てながら依頼された通りのものを作ります。

 

どちらが良い、悪いとは言えませんが、生まれ持っての気質からくるものなのかもしれません。私たちが展開するGoodluck by Tでは、直感的思考で描かれたアートを、ロジカルな思考でTシャツなどの商品に施し販売しています。興味のある方は、ぜひアート思考で覗きに来てください。

Tシャツにイノベーションを|Goodluck by T

Tシャツにイノベーションを|Goodluck by T

Goodluck by Tでは、デザインTシャツの販売代行を通して、デザイナーやクリエイターが制作に集中できる様な環境を提供しております。デザイナーと購入者をつなぐことで応援経済をまわし、参加するデザイナーにとっても、購入者にとってもメリットがある環境を提供してまいります。

屋号 エクスポテンシャルズ
E-mail info@goodluckbyt.com

コメントは受け付けていません。