Tシャツにイノベーションを|Goodluck by T Goodluck by Tでは、デザインTシャツの販売代行を通して、デザイナーやクリエイターが制作に集中できる様な環境を提供しております。デザインしたTシャツ1枚につき1000円のデザイン料と販売金1000円の応援金が支払われます。デザイナーは集客と併せて自身の活動を商品ページで共有する事で広く応援を募る事ができます。

SDGsの現状と問題点とは?課題解決と目標達成のためにできることも解説

SDGsと書かれたブロックとひらめきマーク

 

SDGsの現状と問題点について

この記事を読むための時間:3分

SDGsとは、より良い持続可能な社会を実現するための17の目標のこと。近年、テレビなどのメディアで取り上げられることも多く、SDGsに取り組む企業も増えつつあります。SDGsは2030年までの達成を目標としていますが、現状はどこまで達成できているのでしょうか。今回は日本におけるSDGsの現状と、SDGsが抱える問題点と解決策について解説します。

日本におけるSDGsの現状

SDGs活動は世界で165もの国が参加しています。SDGsの達成度をランキング化した「Sustainable Development Report」では、日本は2019年は15位、2020年は17位、2021年は18位という結果となりました。年々順位は下がってしまっているものの、上位をキープしています。

 

日本では教育や産業革新、平和といった面は、毎年目標を達成できているものの、気候変動対策やジェンダー問題、海洋・森林の環境保護などは、まだまだ達成まで遠い道のりがある状態です。

SDGsが抱える問題点

SDGs達成のために、そもそも達成を困難にしている問題点には何が挙げられるのか見てみましょう。

ゴールテーマの実現が困難

SDGsの各目標を見てみると、「飢餓をゼロに」「平和と公正をすべての人に」など、壮大なテーマが掲げられています。これらが達成されるのはもちろん素晴らしいことですが、実際には完璧に実現するのは難しいと言えます。実現が困難なテーマばかりでは、理想を掲げただけで終わってしまう可能性があるのです。

一人で解決できる目標がない

目標達成のためには一人一人の協力が必要不可欠ですが、一人だけで解決することは困難です。一人で頑張っても到底達成できない目標では、途中であきらめてしまったり、「自分一人がやらなくても大きな影響はないだろう」と真剣に考える機会を奪ったりしてしまいます。

ターゲットの定義があいまい

SDGsは全ての人に分かりやすく目標を示すために、抽象的な言葉で書かれていますが、そのためにターゲットの定義があいまいとなってしまっています。定義の捉え方は国や文化によって異なり、例えば目標4の「質の高い教育をみんなに」では、質の高い教育とはどの程度のものかは国によって差があるのです。

活動をしたくてもできない人もいる

SDGs活動は地球に暮らす全ての人々が取り組むべきですが、貧困や情報格差などの理由により、発展途上国の人など十分な取り組みができない人もいます。

企業におけるSDGsの問題点

企業におけるSDGsの問題点について見てみましょう。

SDGsウォッシュになっている可能性がある

SDGsウォッシュとは、SDGsに取り組むと公言しながら、実際にはできていない状態のこと。また、SDGsの目標の一つを達成しようとするあまり、他の目標の達成に悪影響を及ぼしてしまっている状態も指します。せっかく一つの目標を達成できていても、他の目標の達成が遠のいていては意味がありません。企業はSDGs活動をする際は、宣言だけで終わってしまう内容ではないか、他の部分で悪影響が出ないかをしっかりと考える必要があります。

SDGsの問題点を解決するには?

SDGsを達成するためには、SDGsが抱える問題点を解決しなければなりません。問題の解決策を見てみましょう。

目標を個人・コミュニティ内でかみ砕いて落とし込む

SDGsの目標は、ゴールは同じ地点ですが、スタート地点は国やその人の生活状況などにより異なります。そのため、まずは目標を個人や企業などのコミュニティ内でかみ砕いて解釈して、きちんと落とし込むことが大切です。例えば、「海の豊かさを守ろう」という目標では、個人ならば環境に優しい洗剤に切り替える、企業ならば産業排水を海に流さないなどです。

目先の利益だけを追わない

SDGsの目標は、一朝一夕で達成できるものではありません。達成には長い時間がかかり、時には結果がなかなか出なかったり、大きな支出が必要になったりする場合もあります。そのため、SDGsは未来への投資だと考え、長い目で見ることが大切なのです。

小さなことでもできることからSDGsを始めよう

SDGsの目標達成は簡単にできることではありません。しかし、一人一人が地球をより良くする意識を持って、少しずつでも取り組むことで確実にゴールへ近づいていけます。目標を自身やコミュニティの状況に合わせて落とし込み、できることからSDGsに取り組んでいきましょう。

 

例えば、余分な買い物をしないようにして食品ロスを減らしたり、衣料品を購入する際にSDGsに取り組んでいる企業のものを選んだりするだけでも、立派なSDGs活動になります。当店「エクスポテンシャルズ」ではTシャツの販売を行っていますが、大量生産をせず、一枚一枚を丁寧に製作して長く使って頂ける商品を皆様にお届けしたいと考えています。少しでも社会貢献になれば幸いです。

Tシャツにイノベーションを|Goodluck by T

Tシャツにイノベーションを|Goodluck by T

Goodluck by Tでは、デザインTシャツの販売代行を通して、デザイナーやクリエイターが制作に集中できる様な環境を提供しております。デザイナーと購入者をつなぐことで応援経済をまわし、参加するデザイナーにとっても、購入者にとってもメリットがある環境を提供してまいります。

屋号 エクスポテンシャルズ
営業時間 18:00~21:00
不定休
代表者名 入谷 宏一 (イリタニ コウイチ)
E-mail info@goodluckbyt.com

コメントは受け付けていません。