Tシャツにイノベーションを|Goodluck by T Goodluck by Tでは、デザインTシャツの販売代行を通して、デザイナーやクリエイターが制作に集中できる様な環境を提供しております。デザインしたTシャツ1枚につき1000円のデザイン料と販売金1000円の応援金が支払われます。デザイナーは集客と併せて自身の活動を商品ページで共有する事で広く応援を募る事ができます。

Tシャツにあいた穴の補修方法4選!自分で試してみよう

穴のあいたTシャツを補修する女性

 

Tシャツにあいた穴の補修方法

この記事を読むための時間:3分

「お気に入りのTシャツに穴が開いてショック!」なんて経験はありませんか?Tシャツの穴は自分で補修することも可能なので、そのまま着なくなってしまうのはもったいないです。そこでこの記事では、自分でTシャツの穴を補修する方法を4種類紹介します。気になる方はぜひ参考にしてみてください。

針と糸で補修する方法

まずは、直径5mm以下の小さな穴を補修する方法です。何かが引っかかってしまってできたような小さな穴は、針と糸で簡単に補修できます。

針と糸を選ぶ

穴を塞ぐため、Tシャツの色とよく似た色の糸を選んでください。濃い色のTシャツならやや暗めの色、薄い色のTシャツならやや明るめの色を選ぶと目立ちにくいと言われています。できれば糸を買うときにTシャツを持参して、合わせてみると失敗を防げるでしょう。手縫い針はお手持ちのもので構いません。一般的には、薄い布には細い針、厚い布には太い針が向いていると言われています。

穴を塞ぐように縫う

玉結びを作ったらTシャツの裏側から穴の近くに針を通し、穴を塞ぐように縫っていきます。穴のすぐ近くの布を少しとり、反対側の穴のすぐ近くの布を少しとる、という作業を繰り返すと、布が中心へ引っ張られて穴が閉じていきます。この時、穴から遠い部分の布をとると、布が引っ張られてヨレてしまうので注意してください。最後にアイロンで糸を潰すと目立ちにくくなります。

似た布で補修する

続いては、糸では補修できないような大きめの穴、布の一部を失ったとうな穴の補修方法を紹介します。大きめの穴は、布で補修するのがおすすめです。

布と糸を選ぶ

まずは、Tシャツに似た色・質感の布と、似た色の糸を選びます。穴のサイズをはかり、穴全体を覆い隠せるほどよいサイズに布を切って準備しましょう。

ほつれがひどい場合はかがり縫いをする

Tシャツの穴の周囲のほつれがひどい場合は、布で補修する前にかがり縫いでほつれを抑えることをおすすめします。ミシンがある方は、ミシンのジグザグ縫いやたち目かがり縫いを使っても構いません。また、ほつれ部分を内側に折り込んで縫うという方法もありますが、布に厚みが出来てしまうので目立つ部分にはおすすめできません。

当て布をして縫い付ける

ほつれの処理ができたら、先ほど選んだ布を裏から当てて、丁寧に縫い付けます。しっかり縫えたら玉止めをして完成です。

アップリケで補修する方法

当て布をしても不恰好になるような穴や、穴の位置によっては、思い切ってアップリケを使った方が良いケースもあります。

アップリケを選ぶ

まずは、Tシャツにつけるアップリケを選びます。「アップリケ」と聞くと、子供っぽいキャラクターのものなどを思い浮かべる方が多いかもしれません。しかし、インターネットなどで探してみると、おしゃれなデザインのものやユニークなもの、Tシャツのデザインとして違和感のないものなど、さまざまなアップリケが販売されています。穴の部分だけでなく、Tシャツ全体をリメイクするイメージで選んでみるのも良さそうです。

Tシャツにつける

アップリケを購入したら、Tシャツにつけていきましょう。アップリケは商品によって縫い付けるタイプと、アイロンでくっつけるタイプがあります。縫い付ける場合は縫い方によって異なるステッチの味わいを楽しめて、アイロンの場合は簡単に付けられるなど、それぞれメリットがあります。付け方もチェックしたうえで購入するのがおすすめです。

刺繍で補修する方法

最後に紹介するのは、自分で刺繍をして補修する方法。ちょっと大変ですが、手芸や裁縫が好きな方や、自分だけのオリジナルなTシャツを作りたい方にはおすすめの方法です。

刺繍のデザインを決める

まずは刺繍のデザインを決めましょう。穴をうまく塞ぎつつ、Tシャツ全体を見ても違和感のないデザインがおすすめ。ハートや星、花などの単純なモチーフが簡単です。

糸を選んで、穴を塞ぐように縫う

デザインを決めたら、糸を選んで、穴を塞ぐように周りの布を使って刺繍をしていきます。直接縫うのが難しいと感じる方は、他の布に刺繍をして、自作のアップリケを作るという手段もあります。

プロなら「かけつぎ」も可能

自分で補修するのは面倒だという方や、もっと綺麗に補修したいという場合は、プリに依頼する方法もあります。プロは「かけつぎ」という難易度の高い方法で補修が可能です。

かけつぎとは

「かけつぎ」とは、「かけはぎ」とも呼ばれる補修方法。布にできた穴や擦り傷などを、布や糸を使って違和感なく元通りに補修する伝統的な技術です。元の布に糸を一本ずつ織り込む「織り込み式」や、布を境目なく継ぎはぎする「刺し込み式」などがあります。

プロに依頼する場合の料金相場

かけつぎは手間と時間のかかる作業です。小さな穴でも2,000円から、直径10cmを超えるような大きな穴だと一万円以上かかることも多いです。

Tシャツにあいた穴は自分で補修してみよう

穴の開いてしまったTシャツの補修方法を紹介しました。穴の大きさや位置によっては、自分で補修しても違和感なく補修できることもあります。捨ててしまう前に、まずはこの記事を参考にしながら補修を試してみてください。

 

また当店は、クリエイターがデザインを手がけたTシャツを多数取り揃えています。新しいTシャツが欲しいと思っている方はぜひ一度ラインナップをご覧になってみてください。

Tシャツにイノベーションを|Goodluck by T

Tシャツにイノベーションを|Goodluck by T

Goodluck by Tでは、デザインTシャツの販売代行を通して、デザイナーやクリエイターが制作に集中できる様な環境を提供しております。デザイナーと購入者をつなぐことで応援経済をまわし、参加するデザイナーにとっても、購入者にとってもメリットがある環境を提供してまいります。

屋号 エクスポテンシャルズ
E-mail info@goodluckbyt.com

コメントは受け付けていません。